新築引き渡し 5年後の床下の状況 1

新築5年後の床下の状況です。

SW(スーパーウォール)工法は基礎断熱です。

基礎外周部立上り及び基礎外から1m以内はスタイロフォームⅢ種にて断熱します。

(Ⅲ種とは一番密度が高く断熱に最も優れているもの)

換気口及び基礎パッキンがない為、梅雨時の外部が湿度が高いときにも基礎内部の湿度は低い状態で一定です。

冬時の外気温が寒いときにも基礎内部の温度は室温とあまり変わりがありません。

風の吹き込みもない為 砂埃や虫の侵入もありません。室内に「ムカデ」が出ることもありません。

・桧の土台も新築時の様です。

 

 

 

 

 

 

 

 

・ホコリ等全くありません。もちろん5年間は床下の掃除はしていません。

 

 

 

 

 

 

 

 

次回床下の水廻配管の状況をお伝えします。

関連記事

最近の記事

  1. 2019.05.25

    掛川花鳥園
  2. 2019.05.22

    古民家で読書

〒507-0901
岐阜県多治見市笠原町2455-97
TEL:0572-44-1101 FAX:0572-43-4419
お問合せ 0572-44-1101
メールフォームはコチラ
PAGE TOP